ハイスペックPC ハイスペックパソコン

ハイスペックPCってどんなPC?

ハイスペックPCと一口にいっても、マニアックに細かく分ければキリがありません。

そもそもPCに詳しくない人が、「CPUがCore以上で、グラボはGTXで・・・」とか、「メモリは8Gはないと・・・」とか聞いてもチンプンカンプンだと思います^^;

しかし、ハイスペックPCを定義するのにシンプルな方法があります。

すなわち、「もっともハイスペックな用途の為に作られたPCこそが、真のハイスペックPCである」と考えれば、ハイスペックPCがどんなPCか誰でもイメージが湧くはずです。

最もハイスペックPCを必要とする作業はネットゲーム!

では、もっともハイスペックなPCを必要とする作業とはなんでしょうか?

答えはネットゲームです。

ネットゲーム以上にPCに負担をかける作業は、個人用のPCでは存在しません。(もちろんIBMやペンタゴンの企業用PCではもっと負担をかける作業もありますが)

超リアルな3Dのゲームの世界で、これまた超リアルなキャラクターが200人単位で入り乱れて戦う作業は、家庭用のPCではこれ以上ない程の負担をかけます。

ネットゲーム用の超ハイスペックPCの特徴

では、ネットゲーム用のハイスペックPCの特徴とはなんでしょうか?

一番大きな特徴は、高度な3D描写を実現する為の専用のグラフィックボード(グラボ)の存在です。

「高いグラボ=ネトゲ用パーツ」と考えても過言でないくらい、超高速の描写に必須のパーツです。

そして、データのやり取りを瞬間的に処理する為の「メモリ」と、PC全体の処理や計算を行うパソコンの頭脳である「CPU」も高性能でないといけません。

以上の、「グラボ」、「メモリ」、「CPU」の3つのパーツのスペックが高いほど、一般的に言われているハイスペックPCであると考える事が出来ます。

ネトゲ廃人が教えるハイスペックPCの選び方!メニュー